理学療法士に向いている人とはどんな人?高齢者が好きなら大丈夫

理学療法士に向いている人とはどんな人?高齢者が好きなら大丈夫
これから理学療法士を目指す学生さんや「理学療法士になりたい」と一念発起した現在社会人の皆さんも自分が理学療法士に向いているか心配になると思います。

理学療法士を目指してしまえば、ほぼ卒業後の進路の選択肢は理学療法士一本であるからこそ、そもそも自分に適性があるのか慎重になるのは当たり前です。

一度学校に入ってしまえば、3~4年間という時間と500万以上の膨大なお金がかかることも見逃してはいけません。

私の同期には2年次に理学療法士に向いていないからと一人退学してしまった人がいます。

自分が適正があるのか確かめるためだけに2年という時間と300万ほどのお金がすべて無駄になってしまったというわけです。

そのような遠回りをしないためにも私なりに理学療法士に向いている人はどんな人かご説明したいと思います。

結論だけ述べますと、理学療法士に向いているかどうかは『じいちゃんばあちゃんが好きかどうか』です。

理学療法士は人間相手の仕事ですが、年齢層の幅は一応若年層から高齢層まで幅広いです。

しかし、病院や施設にくる患者はほぼ9割80代90代で接骨院や整形のクリニックに働かない限りほぼ相手にするのは高齢者です。

したがって、じいちゃんばあちゃんと話していて楽しいと思えれば、リハビリという仕事にそこまで魅力を感じていなくても仕事としては続けられます。

私の学生時代はまったくリハビリという仕事に魅力を感じず、理学療法士なるのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

新人になりたて半年ぐらいもリハビリという仕事がつまらなかったですが、勉強しただけ患者さんが治る様子をみていると少しずつ理学療法士の仕事に魅力を感じるようになりました。

今では楽しく仕事できているので、そこまで「理学療法士に自分が向いているのか?」なんて考えなくて大丈夫です。

人生なるようになるものです。
目次

理学療法士に向いている人。こんな適性があればOK

高齢者がそこそこ好き

認知症の高齢者と言われると、皆さんの中には悪いイメージしかないのではないでしょうか。

勝手に街中を徘徊する、おかしなことを言う、介護が大変、迷惑をかけられそうなど厄介者として扱われている印象です。

私も認知症の人を相手に仕事をするのが嫌だなという負の感情しか持っていませんでした。

私が働いている老人保健施設はほぼ認知症です。認知症でないのは2,3人いればいいほうで認知症の診断がついてない人でも簡易的な認知症の検査をするとほとんどひかかります。

要するに私たちがリハビリ対象とする人はほとんど認知症というわけです。

私は高齢者のリハビリをするようになって早4年目になりますが、呆けたじいちゃんばあちゃんは正直かなり可愛いです。

認知症の人達は、良くも悪くも裏がありません。

日本人の大好きな本音と建て前がなく、考えて相手を気遣ったり相手に合わせて態度を変えることもありません。

認知症の人達はみんな正直者なんですよ。

また、認知症になっても皆さんみんな丁寧な敬語でお話しされます。昔から身に付いたモノは忘れないモノなのですね。

中には暴言・暴力がありむかつく人もいますが、みんな私がリハビリに行くと嬉しそうにしてくれます。

まともな一般人を相手にするよりも本当に楽に仕事できます。

介護となると便の世話をしたり、服を着せたり、お風呂に入れたりと大変ですが、私たちはリハビリをするだけなので、高齢者と楽しくお話しをすることだけできます。(※一部の病院や施設ではオムツ交換をしないといけません)

最初は認知症の負のイメージを抱いているため、自分は理学療法士に向いていないと思っていても、高齢者を相手にしてみると180度考えが変わると思います。

まさに私がそうでしたから、それに関しては保証できます。

高齢者を毛嫌いしているならともかく、そこそこ好きなら大丈夫です。

あなたには十分理学療法士としての適性があります。

コミュニケーション能力はそんなに必要ではない

理学療法士に問わず医療人はやたらコミュニケーション能力を問われます。

学校でも傾聴法とよく分からない技法を習ったり、『コミュニケーション実習』という名の実習まであるぐらい重要視されています。

私は昔から人見知りが激しく、コミュニケーション能力が上手くありません。

実習中では30代でありながらコミュニケーション能力が下手で常にバイザーと喧嘩していました。

バイザー間で共有されているブラックリストに載ったぐらいです。

そんな私でも理学療法士としてコミュニケーションは問題なくできています。

理由は簡単で相手は認知症の人が圧倒的に多いので、子供と話すようにコミュニケーションのレベルの落とす必要があるからです。

認知症の方にそもそもそんな大層なコミュニケーション能力は必要ないのです。

じいちゃんばあちゃんが大好きなら、孫のように可愛がってくれます。

いちいち「自分はコミュニケーション能力がないけれど、大丈夫だろうか・・・」なんて心配しなくても大丈夫です。

もちろん、患者さん以外にも同じ職場の人達や家族さんと話す機会はありますが、必要最低限の会話だけこなしていればなんとか仕事として成り立ちます。

上手く話そうと思うから失敗します。

コミュニケーションは慣れの問題です。3年目、4年目となれば、そんなことに悩んでたのが馬鹿馬鹿しくなるでしょう。

必要最低限の会話でいいと言いましたが、患者さんにため口を聞いたり、敬語で話しかけないのは絶対NGです。

認知症であっても、相手のなめた態度はきちんと分かっています。

認知症の患者さんに嫌われる人は、大体言葉遣いが汚い人です。

といっても、そんなにかしこまった敬語は必要ではありません。丁寧に話しかければ特に問題ありません。

高齢者への態度は聞いている本人だけでなく、周りの職員もみています。

職場に敵を作らないように社会人として敬語は必ず身に付けましょう。

勉強が好きでなくても大丈夫。そもそもみんなそんなに勉強していない。

理学療法士という専門職にはどうしても勉強しないといけません。

勉強し、専門的な知識を持っているからこそ理学療法士なわけです。

しかし、現状では理学療法士になってから勉強している人はごく僅かです。

実習先でも私が働いた職場でも勉強しているなと思う人にはほとんど会ったことはありません。

学生時代の知識と経験のみで業務をこなしている印象です。

もちろん、これは良いことではありませんが、勉強が好きでなくても大丈夫ということです。

先ほどご説明した通り、理学療法士としてやる気がなかった私ですが、今では毎日30分以上は勉強しています。

詳しくは下記の記事に書いてあるので割愛しますが、はまると結構勉強することが楽しくなります。
学生と違って社会人のいいところは、誰にも強制されないところです。

好きな時間だけ自分の学びたいことを勉強できます。

長時間デスクワークができない人には向いている

あなたはパソコンの前に何時間座ってられるでしょうか?

私の限界は頑張っても2時間です。

2時間以上頑張ると、パソコンを見るのも嫌になってきます。

高年収のIT関連の仕事はほぼ1日パソコンの画面と向き合わないといけません。

私が理学療法士で良かったと思うことが、長時間デスクワークせずにすみ、かといって1日体力仕事をしているわけでもないことです。

要するに適度に体を動かし、適度に座って休めるかなり良い職業といえます。

しかし、職場によっては1日リハビリしなければいけないところもあり、がっつりリハビリをしたいわけでないのならば、自分で楽な職場を探す必要があります。

私の働いている老健は1日の単位数がMAXでも12単位で時間に換算すると1単位20分なので240分リハビリしていることになります。

私は8時間勤務ですから、そのうちの半分はリハビリをしている計算になります。

因みに私の友達は病院で働いていますが1日21単位リハビリがあるそうです。420分ですから、7時間リハビリをしていることになります。

私のようにそこそこリハビリをして、そこそこ休憩したい人はなるべく楽な職場を探しましょう。

体力仕事が好きだが、単純な肉体労働は嫌いな人

私は先ほどご説明した通り、長時間のデスクワークができないので体力仕事の方が合っていると思っています。

といっても、トラックの運転手、引っ越し、土木、工場などの単純作業はむしろ苦手で単調な仕事はすぐに嫌気がさしてしまいます。

理学療法士という仕事は、医療職である以上体力も頭も使う仕事です。

我々理学療法士ははたから見るとただのマッサージ師にみえたり、「ただ歩かせているだけで何しているんだろう」と思われたりしがちです。

しかし、理学療法士の頭の中は臨床思考過程といって仮説と検証を繰り返しています。

「多分ここが原因だろう」と仮説を立て、検証して違っていればまた違う仮説で原因を探します。

何も考えていないようで猛烈に考えているのが理学療法士という仕事です。

単調な仕事が苦手で、少しは頭も使いたい人には理学療法士という仕事は向いています。

自分の仕事に結果を求める人

事務系やお役所仕事やデータ入力など淡々と仕事をこなすだけで、ほぼ毎日がルーティンワークで何か結果として見えにくいのではないでしょうか。

看護師や放射線技師などの医療職も治療の部分に介入するわけではなく、医師に指示された通りに仕事をこなすだけです。

しかし、理学療法士という仕事は医師からの指示箋を貰った後はほぼ自由にリハビリができます。

リハビリというのは治療の1つの手段であり、個人の裁量でいくらでも患者さんを良くすることができるまさに結果が分かりやすい仕事です。

自分の治療技術でどんどん患者さんが良くなる様子をみていくのは、とても面白く理学療法士になって良かったと思える瞬間です。

したがって、仕事に結果を求める人ならば、理学療法士に向いています。

理学療法士に向いていない人

人と話すことが根本的に嫌い

理学療法士になるには必要最低限のコミュニケーション能力で十分と説明しましたが、根本的に人と話すことが好きでない人にはまったく向いていません。

医療職はサービス業なので、必ず人と関わる仕事です。

コミュニケーションが苦手と嫌いはまた別問題です。

もし、人と関わることが嫌いという自覚があるのならば、理学療法士になることは諦めましょう。

黙々とただリハビリをするということは100%不可能です。

体力がない人

体力が全くない人、元々病弱もしくは仕事に支障をきたすような疾患を持っている人は申し訳ないですが理学療法士には向いていません。

理学療法士は他のデスクワークの一般職と違い結構体力のいる仕事です。

患者さんを移乗する際は全介助ならば50kgの人達を持ちげる必要がでてきます。

あなたにそれだけの力があるでしょうか?

体力がないからと患者さんを選んだりすることはできません。

前の職場で体力が全くなく、頭痛持ちで全く仕事をしない同僚がいましたが、本当に迷惑でした。

同僚がリハビリしない分は自分達に仕事が回ってきます。

職場によりますが1単位20分でMAX21単位リハビリする必要があり、時間に換算すると7時間ひたすら体力にいるリハビリをする必要があります。

高齢の理学療法士になると現役を退き、ケアマネに変わったり教員になったりするのはそういった理由です。

まさに若くて体力があるからできる仕事ともいえるでしょう。

私の場合は、40代で体力がなくなってきているので老健という比較的楽な職場で仕事をしています。

まとめ

自分が理学療法士に向いているかどうかは実際のところなってみないと分かりません。

私は学生時代は理学療法士の仕事にまったく魅力を感じず、実習も嫌で嫌で仕方ありませんでした。

しかし、今では給料面以外では本当になって良かったと思っています。

給料面については下記の記事で詳しく書いているので参考にしてください。
毎日じいちゃんばあちゃんを相手に話をするのは楽しいし、充実感を感じます。

さらに、自分のリハビリで良くなっていく姿をみるのは嬉しいモノです。
自分に合っていると思ってなってみても「こんなはずじゃなかった」なんていくらでもあります。

私は一番最初の大学はパソコンが好きで情報系の大学に行きましたが、プログラミングがどうしても好きになれず挫折しました。

結局、大学は中退してしまい、そこから人生の地獄の始まりです。
人生そんなもんです。なってみないと分からないのです。

この記事に書いてあることも参考程度にしてもらって、自分の人生ですので自分で考えて決めてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる