断捨離はうつ状態に効果がある!失恋や無職からの立ち直り

断捨離はうつ状態に効果がある!失恋や無職からの立ち直り
恥ずかしながら私は30代前半に彼女に振られ、うつ病を発症しました。

失恋直後は何もする気が起きず、彼女を失った喪失感で人生のどん底にいる気分です。

毎日のように彼女への未練が断ち切れず、夜な夜な彼女の夢でうなされました。

私が1番最初に断捨離したものは彼女との思い出です。

彼女との思い出の品を断捨離したところで、未練がなくなるわけでも、悲しみがなくなるわけでもありません。

ただ、前に進めないと思ったのです。

うつ病になると何もする気がおきません。そして何をしても気が晴れません。

では断捨離をしてうつ状態に効果があるのでしょうか?

私の実体験では、生きる上で何かをしているという安心感断捨離をすることで心の重りが消えていくことを実感できるようになります。

ただ、断捨離をするだけで完全にうつ状態が治るわけではありません。

結局は、心を休ませることと時間が1番解決してくれると思っています。

心の休ませることの中に断捨離が含まれています。

ではなぜ断捨離をすると心が休まるのでしょうか?それをこれから説明していきます。

この記事とはあまり関係ありませんが、失恋から立ち直った方法を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。
目次

断捨離がうつに効果があったこと

モノを捨てる=過去を捨てる

人それぞれうつになる原因は違うでしょう。

私の場合は失恋でしたが経験上、精神的なショックが強すぎるもしくはストレスが徐々に増えていき臨界点を越えた時にうつになりやすいみたいです。

『モノを捨てる』という行為は、「精神的なショック」もしくは「ストレスの原因」と関係のあるモノがある場合に有効です。

私は彼女の写真、もらったもの、思い出の品、彼女の携帯番号を捨てることで彼女のことを思い出すというストレスから解放され、早くうつから回復できたと思っています。

また、けじめをつけることで自分の中に『ストレスの原因を断つ』という確固たる覚悟が生まれます。

うつから回復させるために一端過去は捨てましょう。10年も経てば、辛かったことも良い思い出となります。

無職で一時期うつ状態に

会社を突然解雇され、無職になりました。

無職のショックだけでなく、それまでの人間関係の悪化によるストレスで精神はボロボロでした。

あまりの辛さに夜中に親に電話して「もう仕事続けられない。ごめん」と泣きながら電話したほどです。

38歳までまともに職についたことがなく、やっと手に入れた正社員も首になったので、何もする気が起きず、ほぼうつ状態でした。

そんな状態でもできたのが、『断捨離』です。

きっかけは、無職になり収入が途切れたので少しでもメルカリで稼ごうと要らないモノを処分し始めました。

部屋から余分なモノが1つ1つなくなり部屋が少しずつ片付き綺麗になっていく姿をみていると、心が少しずつ晴れていくのが分かりました。

最終的には10万円分になったのでかなりの量を処分したことになります。

このことでうつ状態が完全に治ったわけではありません。

ただ、自分は少ないモノで暮らしていけるという安心感モノを必要以上に欲しくなくなり生活にゆとりができたことがうつ状態とは離れた穏やかな暮らしに近づいたのだと思います。

モノを捨てることで心が整理される

上記で紹介したことはストレスの原因と関係あるものを捨てることでしたが、他に自分にとって不要なものを捨てることで心が整理されていきます。

意外に気付かないのですが、散らかった部屋にいるだけで心に負担がかかります。
綺麗な部屋
綺麗な部屋
散らかった部屋
散らかった部屋
上記の2枚の写真を見てどうでしょうか。

私は、綺麗な部屋の写真を見ると心が落ち着きますが、散らかった部屋を見ると気分が悪くなります。

モノが多いということは認識するモノが増えるということです。

認識するモノが増えれば増えるほど脳に負担がかかり、ストレスが溜まります。

したがって、モノが多い部屋にいるということはうつとなる原因を増やしているということになります。

断捨離はモノだけではない

断捨離するべきはモノだけではありません。

あなたがうつとなった原因を断捨離しなければまたストレスが溜まりうつに逆戻りです。

先ほど会社を解雇された説明しましたが、私の場合は人間関係の悪化で依頼退職という形で会社を辞めました。

仕事がうつの原因だったわけです。

無職になり不安要素が増えましたが、今では新しい職が見つかり、人間関係も良くほぼストレスフリーで働けています。

前の職場を断捨離したおかげで、うつ状態が治ったと言ってもいいでしょう。

あなたにとってストレスの原因は何なのか考える必要があります。

断捨離するのはモノだけじゃない。ストレスの原因を断捨離しましょう!

一番断捨離するべきは人間関係

人が生きる上で人との繋がりは必要です。

良い人間関係を作るために人間関係を断捨離する必要があります。

逆説的に聞こえますが、人との距離感が分からないと人間関係はストレスが溜まります。

人間関係が悪化したときに学んだことは、自分が感じる相手との距離感があるように相手が感じる自分との距離感があるということです。

自分が好意的であっても相手が好意的に返してくれるわけではありません。逆もしかりです。

自分が歩み寄った時に相手が歩み寄ってこれば仲良くする。自分が歩み寄った時に相手が一歩下がれば、それ以上距離はつめない。

そうすれば人間関係でストレスを感じることはなくなります。

断捨離はうつに効果がある!まとめ

実体験を通りして断捨離がうつ状態に効果があったことを紹介させて頂きました。

最初に説明した通り、断捨離をしたからといってうつが治るわけではありません。

ストレスの原因の1つを取り除けるだけです。

しかし、1つでも心の重荷が減れば、心の回復が早くなり早く復帰できるようになります。

何もする気が起きなくても、毎日1つずつ要らないモノを捨てることはできそうです。

一気にやる必要はありません。

少しずつ前に進んでいるという感覚が大切です。

焦らずのんびり断捨離しましょう。心の重荷も少しずつ断捨離されます。

何もかも捨てて解放されたいという方は下記の記事を参考にしてみてください。

中野善壽さんは何も持っていません。何も持っていないからこそ身軽に心も軽く動くことができます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる