【極限のミニマリスト 中野善壽】ぜんぶ、すてれば

【極限のミニマリスト 中野善壽】ぜんぶ、すてれば
中野善壽さんという人がいます。

元は寺田倉庫株式会社代表取締役社長、亜東百貨COO、株式会社鈴屋代表取締役専務をしていました。

現在は、2021年8月にホテルニューアカオの代表取締役会長に就任されています。

私は中野善壽の著書「ぜんぶ、すてれば」に出会うまで全然知りませんでした。

中野善壽の生き方で一番驚いたのが、お金も生活に必要な分以外は、すべて寄付しているところ。
世の中にこういった人がいると思うだけで、とてもうれしくなります。

最近、twitterやyoutubeを観ていても、お金お金お金ばかりで少し嫌気がさしてました。

ミニマリストといえばモノを捨てる印象が強いですが、中野善壽はモノ以外も捨てており極限のミニマリストです。

中野善壽の生き方を少しでも参考にすれば、執着から解放されると思います。
執着から解放されれば、苦しみからも解放されます。
目次

極限のミニマリスト中野善壽の持ち物

どうして彼は極限のミニマリストと呼ばれているのでしょうか?

彼の持ち物はハンドキャリーが可能な極小さな鞄に入るだけです。
中野善壽 の持ち物
  • 下着
  • 靴下
  • iPad
  • 家の鍵
  • 眼鏡
  • 携帯電話
  • 小さな財布
  • 薄い手帳
あまりにも少なすぎます!服はどうしてるのかな?と思うかもしれませんが、服は現地で調達です。

社長なのに家も車も高級時計も持っていません。

台湾に家賃1万2千円の借家があるだけ。どれだけミニマリストなんでしょう。

中野さんに比べたら、私なんてまだまだひよっこですね。
ひよこ先生

鞄を1つだけと決めて、サイズをコンパクトにするだけで、自然と持ち物は減るよ!

ものを捨てれば、自由になれる

不安が増える要素の1つにモノを所有することがあります。

なぜでしょうか?

所有するれば、それを失うことを恐れます。

鞄の中にスマホがない。家にもない。どこにやったのか分からない。
これだけで不安に駆られ、落ち着かないでしょう。

1つ物を持てば、1つ執着が増えます。

持っているモノに付随して、次から次へといろいろな執着が発生していきます。

物を1つ持つごとに、どんどん自由が縛られていきます。物を持つことは、裏を返せば、心の貧しさを表しているようなものです。

禅の言葉に「本来無一物(ほんらいむいちもつ)という言葉があります。

自分が所有するものは本来、1つもないという意味です。
この体さえ、自分のものではなく、借り物です。死んでしまえば、体も持ち歩くことはできません。

何もないところに一を足していくから、執着が生まれる。
逆を言えば、モノを捨てれば、自由になれるということです。

安定を捨てる

世界の中で必要になるのは、安定を求める心ではなく、変化に対応する力

ぜんぶ、すてれば
2020年に倒産した企業の平均寿命は23.3年らしく、永久に存続する企業なんてない。自治体だっていずれかは消える可能性がある。

終身雇用も年功序列もアメリカに倣えば、そのうちなくなるかもしれない。

コロナ化でいつ会社に首をきられるかもわからない時代。
会社なんて守ってくれません。

私は、2021年の8月に解雇にあったので、個人で食べていく力を身に着ける必要があると日々感じています。

人口減少が続く将来不安定な日本で、収入を断たれることがどれだけ不安か。

いつ何時不運なことをみまわれても、一人で生きていかなければなりません。

誰も助けてなんかくれません。

個人で生きていく力を身に付けたい方は下記の記事を参考にしてください。

人付き合いを捨てる

付き合いを続けたいのは、明るく未来を語れる仲間。

愚痴や不満を言ってるばかりの人とは、自然と疎遠になります

ぜんぶ、すてれば
愚痴を聞くのはいい気分ではありません。

私は愚痴や不満を言ってる人とは距離を取って付き合っています。
話していても何も楽しくありませんから。

自分の趣味の話、今後の未来、今取り組んでいることを話してくれる人の方が面白いです。

Youtubeで積極的に何かをやってる人を見るのは楽しいですね。

私も自宅ログハウス計画と軽バン改造計画を考えています(笑)

また、一生懸命勉強している仕事仲間と仕事の話をするのが最高に楽しかったし、何より勉強になりました。

私は人間関係を断捨離して良いことも悪いこともありました。しかし、生きやすくなったのは確かです。

慣れを捨てる

人間は慣れるとバカになる。

頭を使わなくなって、衰えていく。

だから、できるだけ不慣れな機会に身を置くことが大切だと、普段から意識しています。

ぜんぶ、すてれば
人は安心を求めるので、同じ人とばかり付き合ったりします。

全然知らない他人と話すのは疲れますし、何より心が落ち着きません。

しかし、新しい人、新しいことに出会って負荷をかけていかないと世界が広がらないし、そのうち退屈になります。

落ち着いた生活も必要ですが、生活の中に刺激をいれないと、やる気もなくただ毎日を生きる動物と変わらない生活になってしまいます。

最近は積極的に出掛けるようになったので人から話しかけられることが増えました。(主に登山が多い)

コミ障なのでまだ初めて会った方との会話には慣れませんが、少しずつ慣れていきたいと思います。

また、新しいことをする機会も増えました。新しい土地に行って、写真を撮ることが最近の新しい趣味です。
醒井宿
この前言った醒井宿の写真。水がかなり綺麗な場所でした。

相方への執着を捨てる

僕の夫婦観は、「高めあえる関係でなくなったら、離れた方がお互いのため

ぜんぶ、すてれば
男女間はとくに依存関係になりやすいと思います。
自分もかつてはそうでした。

執着が生まれるとこの人がいないとなにもできなくなってしまうのですよね。
集中しなければいけないことがあっても、気になって集中できなかったりします。

友人にも恋人にもいえることですが、お互いがお互いを尊敬しあえるような存在でないのなら一緒にいない方がいいと思います。

最近気づいたことですが、一緒にいてお互いにためになるのは余暇の時間を一人で楽しむことができること。

どこかに遊びに行くのに一人じゃ寂しいと思ってる人は依存傾向が強いです。

一人の時間を楽しむことができ、また一緒に共有もできる関係が一番良い関係だと私は思っています。

最近では、ソロ活を始めました。一人のほうがかえって楽しめることが増えています。
最近、『結婚滅亡』という本を読みましたが女性より男性の方が依存傾向が強く、妻としか話し相手がいないため、妻がなくなるとすぐにだめになるケースが多いようです。

特に熟年離婚では、妻が自分を認めてくれる唯一の存在であるため、その妻から熟年離婚を言い渡されると、自己肯定感の低下を招きます。

これは私も経験していることです。

当時付き合っていた彼女が唯一私を認めてくれる存在であったので、別れた瞬間絶望でうつまで発症しました。

それぐらい依存度が高かったとしかいいようがありません。

そうならないように今から依存度を減らし、自分一人でも楽しめる趣味を持っていくことをお勧めします。

一人でできる趣味を持っていない人達は老後はただTVをみてぼーと過ごすだけです。

老人保健施設に勤めていますが、趣味を持っている人(色塗りをしている人が多い)の方が退屈せずに毎日を過ごしています。

本は捨てる

身軽な自分をキープするには?

そう聞かれたら、とにかく「捨てること」と答えます。

捨てる、捨てる、惜しげもなく、捨てる。

物理的にモノを捨てるのを習慣にしていたら、心も身軽になってきた。

ぜんぶ、すてれば
中野さんは本を読んだら捨ててしまうそうです。

じゃ次読みたくなったらどうするのか?というと、また新品で買うそうです。

1回目に読んだ時の自分と2回目に読みたくなった自分はまったくの別人です。
ゼロに返って新鮮な気持ちで学びたい。

そう思うと本を捨てると言われても、納得してしまいます。

私は捨てることはできませんが、最近では紙の本は買わなくなりました。
すべてkindleの電子書籍です。

持ち運びが楽なのと、モノが増えないのでとてもkindleを気に入っています。
今も紙の本か電子書籍か悩んでいる方は下記の記事を参考にしてください。

服はいつでも捨てる

5年前の服を着ると、5年前の自分に戻っちゃうみたいで好きじゃない。

そもそも、着るものにこだわりすぎると不自由になってしまう、というのが僕の価値観です。

ぜんぶ、すてれば
私の服のチョイスは、ユニクロか無印でシンプルなモノを選んでいます。
オシャレというのは、高い服を着なくても、組み合わせで楽しめると思います。

組み合わせに2~3種類しかありません。
選択肢を減らすことで時間もミニマムにしています。

同じ服ばかり着ていると思われたらどうしようなんて考える必要はありません。

考えるべきは清潔感のある服を着ているかどうかだけです。

スマホを捨てる

(スマホを持って)何が嫌だったかというと、情報が多過ぎて余計な時間を取られてしまうこと。

画面を開けば、ネットもできるし、アプリは無限にある。

結果、自分が処理できる以上の情報をついつい扱うことになってしまいます。

すると、いつの間にか自分を失くしてしまう。

ぜんぶ、すてれば
今の世の中でスマホを捨てろと言われても、まず無理でしょう。
そのぐらい私たちの生活で必需品となっています。

しかし、中野さんの言う通り、スマホに依存しすぎると自分を失います。
あまりに情報が多すぎるからです。

私はSNSをやめました。

twitterのアカウントは必要なので今も存在していますが、フォロワーもフォローも0です。
google検索でtwitterの内容がでてきたときに確認するためにアカウントを今でも残しています。

twitterより自分を失くしやすいものはありません。
「いいね」のために、時間を捨てて自分の考えも捨ててツイートします。

インフルエンサーは神のごとく振る舞い、彼らのいうことはすべて正しいかのようです。

自分は騙されないと思っていても、彼らの言葉には力があります。
知らないうちに信じてしまうのです。

今ではtwitterをやめて本当によかったと思っています。

まとめ

中野さんは他にもたくさんのものを捨てています。

だからこそ、今やるべきことに集中できます。

「捨てる」ということは本当に難しい行為です。

マイホームを購入してしまったら、マイホームを捨てるなんてとてもじゃありませんができません。
けれど、マイホームがあればその場所に縛られることになります。

マイホームがあれば、1番困るのは転職にするときです。

自宅から通える範囲で探すのは本当に大変です。

所有は執着を生み、その執着が不幸を招く。

分かっていても難しいと思います。

しかし、私はミニマリストになってモノを捨て、人間関係も整理してから、凄く生きやすくなりました。

自分が何が好きで何が嫌いなのか自分を知ることからはじめていきましょう。

実際に読んだ方が中野さんの生の声を聞けるので、ぜひ読んでみてください!
捨てるものに悩んでいる方は下記の記事を参考にしてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる