受験勉強が辛くて、やる気がでない時の対処法。

受験勉強が辛くて、やる気がでない時の対処法
しょんぼりねこ

受験勉強が辛くてやる気がでないです。
疲れているのでしょうか・・・。

こんなお悩みを解決します。

私は27歳の時に医学部再受験を志し、本気で勉強が嫌になったことがあります。

寝る時間以外はすべて勉強についやし、受験勉強に疲れ果ててボロボロの状態。どうしてこんなに辛い思いしてまでしなきゃいけないのだろうと何度も思いました。

頑張っているのに成績は全然上がらず、あまりの辛さに受験勉強のやる気でない状態が何カ月も続きました。
受験勉強のやる気がでないのは何が原因なのでしょうか?

やる気がない状態で机に向かっていると手つかずの状態なので余計にストレスが溜まります。

そのストレスのせいでさらにやる気を失い、成績が上がらないどころか下がりだすともう勉強自体を嫌いになってしまいます。

やる気がない1番の原因は『あなたの限界を超えたところで頑張りすぎている』からです。

マラソンはペース配分をしながら完走を目指します。

しかし、勉強となると誰もがいきなり今までしたこともないような勉強量で勉強します。

自分の能力値を見誤ると途中でばててしまい、やる気がでないというわけです。

ここではその医学部再受験のときの経験と40年生きてきた経験を合わせてどうすれば良かったのかその考えをお伝えしたいと思います。

受験に追い詰められている人には参考になると思いますのでぜひ読んでください。
目次

受験勉強が辛くてやる気がでない時の原因と対処法

やる気=努力できる量はそもそも決まっている

頑張って勉強する女性の写真

原因

同じ人間なのだから、同じようにやる気=努力できるが当たり前と思っていませんか?

これを見てください。
パーソナリティにおける遺伝率の図表
無理ゲー社会より抜粋
上の図は総計1455万人の双生児を対象とした1958年から2012年までの2748件の研究を2015年にメタ分析したものです。

共有環境は「兄弟が同じ影響をうける環境=家庭環境(子育て)」のことです。

非共有環境というのは外部環境のことです。家庭内の環境ではなく、学校、友達、塾などなどそういった外部環境がもう半分を占めています。

やる気=努力とみなせば、遺伝で半分以上決まってしまうのは上の表をみればよく分かります。

遺伝で決まっているものを無理に努力しようとするから「努力できない自分は情けない」と自己肯定感が低くなってしまいがちです。

ここでいいたいのは努力するなというわけではなく、「自分はどれぐらいストレスなくやる気を持って努力できる人間なのか?」といった見極めが大切になってくるということです。

要するにまず最初にすべきは『自分がストレスなく勉強できる時間=あなたの勉強できる能力』を把握するということです。

さらに詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

対処法

私たちがいきなり42.195kmも走れないように、いきなり10時間も勉強できるわけありません。

まずは、一日ストレスなく何時間勉強できるのかを把握して、15分ずつ時間を伸ばしていきましょう。
自分の限界値が分かるはずです。

私の場合は集中しても1時間程度。最大で1日3時間の勉強が限界でした。

当時は無理に10時間勉強していましたが、机に座っているだけでほとんど集中できていません。

大事なのは焦って時間を増やさないことです。

嫌な感情は勉強を嫌いにさせます。
ゆったりねこ

私は勉強の才能はないので、ずっとダラダラしてます

また、もう1つの解決策として、非共有環境を変えることをお勧めします。

遺伝で半分決まるならば、残りの非共有環境を変えればいいのです。
すなわち、頭のいい学校にいく、塾にいく、人が勉強している環境で勉強するなどが挙げられます。

友達が頑張って勉強している姿を見て、自分も負けたくないと張り合った記憶はないでしょうか?

私は中学の時に塾でライバルを見つけ、その子に負けたくなかったので必死に勉強しました。

周りの環境でやる気は影響します。周りの環境を変えてみましょう。

自分の意志の力でなんとかしようなどと思わないでください。

自分の意志で解決しようとして今まで何度失敗してきたでしょうか?

人は意思によって変わるのではなく、おかれている環境によって変わるのです。

受験勉強中は遊んではいけないと思っている

外で日向ぼっこする女性の写真

原因

受験中はなぜか遊んではいけないという固定観念があります。

先ほど言ったように人が努力できる量は決まっており、1日勉強できるはずがありません。

ならば、残り時間は息抜きに使ってもいいはずです。

対処法

ストレスなく勉強できる時間勉強できたら、残り時間は思いっきり遊びましょう。

自分が決めた時間勉強できているので達成感もあり、思いっきり心置きなく遊べます。

おすすめの遊びは『運動』です。

運動は、脳の血のめぐりを上げてくれるのに加えて、全身に影響を行きわたらせ、こり固まった頭をほぐす働きがあります。これらのすべての作用が、記憶に良い影響を与えます。

しかも、運動するのに長い時間は必要ありません。
学習効率を高めるだけなら、5分間行えばOKです。

2017年のニュー・サウス・ウェールズ大学がこんな実験をしています。
歩行運動器具で5分ほど歩くように指示したところ、記憶テストで成績が10%ほどアップしました。

もう少し、頑張れる方は勉強前に10分ほどの中高強度運動(少し息が上がってハァハァするぐらい)をすると、運動前より物事を分析する能力が運動前より14%も向上します。

ランニングやウォーキングなど勉強の合間にしてみてはどうでしょうか。

下記の記事は朝の散歩の効能を詳しく解説しています。

自分の実力に合っていないところを希望大学にしている

難関校を目指すイメージ

原因

根性と気合で希望大学に受かるのなら、今頃みんな東大生です。

それはあなた自身が一番わかっているはず。

私も無謀にも医学部を目指し、センターで9割を取るには、才能が必要だということが良くわかりました。

対処法

どれだけ努力してもどうにもならないことがあるのです。

先ほどの表にはやる気だけでなく、記憶・計算・認知・言語という受験勉強に必須な能力も遺伝で半分が決まってしまうことが示されています。

やる気のメーターがMAXでも志望校に受かるわけではありません。

自分の能力の限界値を知りましょう。

私は医学部を諦めて今は理学療法士という違う医療職についてますが、意外と自分に合っているなと現在では満足しています。

医学部は自分の人生にとって生きがいとまで思っていましたが、人生そんなもんです。

絶対ここしかだめだという思い込みを捨てましょう。

自分に合っている場所に行った方がその後の人生も背伸びせずに楽に過ごせます。

受験で勉強が終わりではありません。受験後の勉強の方が大変です。

受験が終われば、勉強から解放される!と普段から勉強にストレスをためているようなら、やめたほうがいいです。
バカンスねこ

勉強した後は、思いっきり遊ぶぜぇ!

感情の高ぶりで勉強をすると続かない

感情で勉強をする女性の写真

原因

よくドラマや映画などで刺激されて、勉強頑張るぞ!という人がいます。

私もそうでした。

私が医学部目指したきっかけは、当時付き合っていた彼女が入院していざというとき守れる男になりたいといった動機からでした。

初心を忘れるべからずで頑張っていましたが、彼女が元気になってから、その気持ちもどんどん冷めていきました。

勉強が好きでもないのに無理やりやろうとすると続かないし、その分ストレスも溜まります。

対処法

勉強が好きになるような勉強をしましょう。

一般書を読んでみる、有名予備校講師の授業を受けてみる、面白く書いてある参考書を買ってみる。

勉強をするうえで一番大切なことは答えを見ないことです。

なぜだろう?と自分なりに答えを出してみる。ひたすらそのことについて考えるのです。
(と名古屋大学の大学院までいった勉強バカの兄が言っていました。勉強が趣味というぐらい今も勉強しています)

それで好きにならないということは元々勉強が好きでないのです。

勉強が好きでないと分かったら、それ以外の道を選んだ方が人生は楽になると思います。

そもそも寝ていない

寝ている女性の写真

原因

ちゃんと寝ていますか?
私の受験時の最大の失敗は寝なかったことです。

朝5時に起き、夜の11時に寝る生活を続けていました。ざっと6時間睡眠です。

睡眠時間を削ると、受験に必要な集中力、記憶力、数学能力、論理的推論能力などが低下します。

受験は記憶に残す量を増やすために、勉強時間を増やすと思いますが、皮肉にも勉強時間を増やし、睡眠時間を削ることで記憶力の低下を招いています。

対処法

とにかく8時間は寝るようにしてください。

8時間も寝れない、中々寝付けない方は下記の記事に詳しく書いてあります。
特に受験生は、日光不足運動不足になりがちです。
どちらも良く寝るためには必要なことです。

昔なら勉強時間を増やせが正しかったのかもしれませんが、今は科学的根拠に基づいた勉強プランを立てるべきです。
体調管理ができてこその勉強です。まず自分の勉強のパフォーマンスを最大限にして臨みましょう。

さらに詳しく体調管理したい方は下記の本が参考になります。

休憩せず、勉強している

自然の中でリフレッシュをしている女性の写真

原因

休憩せずに何時間も長時間勉強はしていませんか?

効果的な休憩を取れていないと、疲れてしまい、その後の勉強が続きません。

私は休憩はとっていましたが、間違った休憩をしていました。

スマホを見る、漫画を読む。これらは使用しすぎた脳を休ませることができません。

対処法

1時間に1回は休憩を取るようにしてください。

一番効果の高い休憩方法は、運動することです。
体を使い、脳は休ませることが肝要です。

Apple watchを持っていれば、1時間に1回立つように教えてくれます。

座り続ける受験勉強はとても体に悪いことだということを知っといてください。
どうやって勉強のリフレッシュをしたらいいのか分からない方は下記の記事を参考にしてみてください。

きっとあなたに合ったリフレッシュ方法が見つかるはずです。

受験勉強で一番大切なことは「無理をしないこと」

ソファーに座ってコーヒーを飲む女性の写真
受験勉強のやる気がでないあなたに1番に伝えたいことは、無理はしないということです。

同じ人間だけれど、みんな好きなモノが違えば、好きな音楽も違い、好きな食べ物も違います。
足が速い人がいえば、勉強できる人がいて、勉強も運動もできないけれど、コミュニケーションが上手な人もいます。

苦手な分野でひたすら頑張るよりも、自分の才能を見極め自分に合ったものを選んだ方が人生は楽しく過ごせます。

おすすめは、全部やってみて合う合わない好き嫌いで判断していきましょう。

何ができるのかどんどん分かっていけば、へんなところで間違った努力して身を亡ぼすこともなくなります。

無理ゲー社会な世の中で、賢く生きるためには大きなものは求めないでのんびり穏やかに暮らすことだと思っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次