努力は才能に勝てない。科学的に証明されている。

努力は才能に勝てない。科学的に証明されている。
悩みねこ

努力しても結果はでません・・・
努力は才能に勝てないのでしょうか?

私は理学療法士の国家試験を最後に努力と呼ばれるものはまったくしていません。

昔は、スラムダンクの安西先生の名台詞「諦めたら試合終了だよ」を座右の銘として頑張っていました。

私が一生のうちで一番努力したのは医学部再受験の時です。

ここでの教訓から述べさせていただくと、努力は才能には勝てません。

医学部受験という世界は一部の才能を持ったものだけが、センター試験で9割の壁を超えることができます。

どれだけ努力しようとも、才能がない人は成績は上がりません。

努力さえしていれば、夢が叶うというのはです。

諦めたら試合終了ですが、諦めなければ次の試合ができません。

橘玲さんの『無理ゲー社会』を読んで「努力は才能に勝てない」という理由が科学的に良く分かりました。

私の体験を含めて、「努力は才能に勝てない」理由をご説明します。
目次

寝る時間以外勉強に費やした医学部再受験

私は27歳に医学部再受験を志しました。

朝5時に起きてからすぐに勉強開始。

歩いている時間も、お風呂に入っている時間もご飯食べている時間も勉強にあてました。

23時には寝ていたので1日15時間は勉強していました。

これだけ勉強して効率悪かったのではないのか?と思われるかもしれませんが、勉強法の類の本は読み漁り、実践して効率性は重視していたつもりです。

これを5年ほど続けましたが、結局成績がセンター7割どまりで断念しました。

才能なんて関係ない!すべて努力だと根性論でやるのはいいですが、その努力が実らなかった場合地獄です。

詳しくは下記の記事に書いています。
このことから、「人には生まれ持った才能があるんだ」と身をもって体験しました。

私がやるべきことだったのは、自分の才能を見極め、自分にあった生き方を模索することだったのです。
泣くねこ

本気で頑張ったんだよ・・・でも叶わなかった

努力は才能に勝てない科学的な理由

無理ゲー社会より抜粋
上の表は総計1455万8903人の双生児を対象とした1958年から2012年までの2748件の研究を2015年にメタ分析したものです。
※メタ分析とは、複数の研究を,いろいろな角度から統合したり比較したりする分析方法です。

努力=「やる気」+「集中力」

とすれば表より「やる気」の遺伝率は57%「集中力」の遺伝率が44%で、努力できるかのおよそ半分は遺伝で決まるということになります。

ここで笑ってしまうのが努力も才能の一つであるということです。

努力vs才能というよりは、努力=才能です。

さらに、医学部の合格を単純に「テストの点数」とすれば、

テストの点数=「知能」×「努力」

知能=「記憶」+「計算」+「認知」+「言語」

とすると、「記憶」の遺伝率45%+「計算」の遺伝率56%+「認知」の遺伝率55%+「言語」の遺伝率46%と知能のおよそ半分も遺伝で決まります。

すべて結果(才能)は遺伝によって生まれた時から決まっています。

私たちが意思を持ってしなければいけないことは、がむしゃらに勉強することではありません。

私たちが本当にやらなければいけないことは次の2つです。
  1. 非共有環境(家庭以外の環境要素)でたくさんの経験をする
  2. 自分の才能を認識し、自分に合った人生を生きる
まず、①の非共有環境(家庭以外の環境要素)でを良くするために、頭のいい学校、レベルの高い塾に行くべきでしょう。

良い先生、賢い友達に囲まれればあなたの能力を最大限に上げてくれます。

良い学校に入るのには良い点数を取る必要があるので、卵が先か鶏が先かの話になってしまいますが・・・。

しかし、自分が遺伝的に才能があろうとなかろうと、例えば記憶の場合55%が環境要因です。

まず、良い塾に入って自分の才能を見極めるのがいいのではないでしょうか。
まとめ
努力は才能に勝てないのではなく、努力できるかどうかも才能であり、最初からすべて才能で決まってしまう。
しかし、環境要因を変えることで自分の能力を最大限に引き出すことができる。

自分の才能を認識し、自分に合った人生を生きる

努力の半分は遺伝で決まり、記憶や計算などの半分も遺伝で決まり、学歴の半分も遺伝で決まることが分かりました。

環境要因も整えたけれど、成績が上がらなかった場合は、自分の才能を認識することができるはずです。
自分の能力値の限界が分かれば、諦めがつき、自分に合った人生を模索することができます。

才能がないことは悲観することではなく、むしろ私は生きやすくなると思っています。

努力しなければできないことをやるよりも、自分に合ったものを努力せずにできるものを探した方が人生は生きやすい。

私は長時間デスクに座っていることができません。
どうしてもストレスがたまってしまいます。

したがって、結果的に今のデスクワーク半分、リハビリという体力仕事半分の理学療法士という仕事について、好きではないですが自分に合っていると思っています。

自分がデスクに座って勉強や仕事ができる時間がどれぐらいか把握できていると、職業選びの際に参考になります。

私は努力ができない人間です。

自分がやりたいだけ、リハビリの勉強し(大体30分ぐらい)、自分が読みたいだけ本を読み、自分ができるだけブログを書いています。

それは、自分というものがどうゆう性格なのかはっきりわかっているからです。

努力云々より、まず自分がどうゆう性格なのか自分という存在をしっかり向き合った方がいいと私は思います。
のんねこ

色々なことを経験しましょう。
そうすれば、自分の好き嫌いが良くわかります。

個人的には元2chのひろゆきさんの生き方がおすすめです。

彼は本当に毎日楽しそうに人生を謳歌しているイメージです。

彼の『ラクしてうまくいく生き方 』はとても参考になります。

才能がないのか確かめる前に

才能があるのかないのか判断する前に1つ確かめておかなければいけないことがあります。

みなさんはそもそもしっかり8時間寝ていますか?

私は医学部再受験時代には23時に寝て5時に起きるという6時間睡眠を続けていました。
私としてはこれで十分睡眠時間は足りていると思っていました。

しかし、ペンシルベニア大学の研究では、6時間睡眠を2週間続けることは、血中アルコール濃度が0.1%程度の認知能力に低下するそうです。これは、体重60kgの人がウイスキーをショットグラスに4杯飲んだのと同レベルです。
(参照:成功する人ほどよく寝ている 最強の睡眠に変える食習慣)
つまり私は毎日お酒を飲んでいた状態で勉強をしていたわけです。

まず自分の能力を見極めるためにも、睡眠時間は8時間しっかり取りましょう。

睡眠不足で成績が上がらないのか、才能がなくて上がらないのかきちんと判断してから、能力の限界値を認識した方がいいです。


睡眠について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

努力は才能に勝てない。ならどうする?

努力は才能に勝てない。ならどうする?
  • 努力や才能、学歴の半分は遺伝によって決まる
  • 自分の才能を見極め、自分に合ったものを模索する
  • 自分が努力せずにできることを探す
最初に紹介したスラムダンクの安西先生の名台詞「諦めたら試合終了だよ」は私にとって呪いの言葉でした。

40年という人生を生きて、人生というものはどうにもならないことばかりであると悟りました。

自分が何が好きで何が嫌いなのか。何なら努力せずにできて、何なら不快に感じるのか。

それの見極めが人生をより良いものにしてくれると信じています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる