逆転の発想!ミニマリストになるための非常識なコツ

逆転の発想!ミニマリストになるための非常識なコツ
のんねこ

今回は中々モノを減らせない人のために、
ミニマリストになるためのコツを紹介します。

ミニマリストになるためにまず考えることはモノを減らすことではないでしょうか?
悩みねこ

モノを減らすことがミニマリストじゃないの?

確かにその通りです。

しかし、沢山あるものから捨てるものを選ぶとどうしても選択肢が多すぎてしまい、捨てるものを選ぶことができません。

選択肢が少ないない方が選びやすいのは当然のことですよね?

今までの断捨離では、基準を作って捨ててきました。
※正攻法の方法を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。
今までの正当なやり方で上手くいかない人には、発想を逆転して考える必要があります。

ここでは、今までは違うミニマリストになるための非常識なコツを紹介します。

結論からいえば、『0から考える』ということです。
目次

ミニマリストになるための非常識なコツとは?

0から考える

あなたは今裸で何も持っていません。

まず何が欲しいですか?

普通の人ならまず下着や服がほしいはず。
いま、季節は冬ですが、冬の服一式3セットはほしいですね。

次に何が欲しいですか?

私はとりあえず、ブログを書くための机といす、パソコンが欲しいです。
ノートパソコンのタッチパッドではやりにくいので、マウスが欲しいです。

ここまで書いてもう分かってきたと思います。

1度0にしてから、1日を過ごすうえで必要になったら自分の持っているモノから取り出すという作業をします。
ゆったりねこ

わたしゃあったかい布団があればええなぁ~

実際に0にするのは難しいので、収納に入れる

いきなり持ち物を0にするのは難しいと思います。
捨てるのはもったいないし、売るのも手間がかかります。

したがって、とりあえず収納に詰め込みましょう。

視界にあると使うこともあるかもしれませんが、視界にないと意外に使わくなることが多いです。

そうやって今の自分にとって必要なモノと必要でないものを分けていきましょう。

一日一日生活するうえで収納から出すものは増えると思いますが、それでも使わないものは収納に入ったままです。

1年放置してみる

1年放置して収納にあるものはこれからも使うことはありません。
思い切って、メルカリに売りましょう。

メルカリでモノを売りモノが少なくなってくると、部屋がスッキリしてくるので、まるで心のゴミを捨てているような感覚になり、毎日心穏やかに過ごせるようになります。

ミニマリストになろうと思っても、中々モノを少なくすることができず、いつまでもミニマムに生きれない人が多いです。

このような人達でも、捨てることには抵抗があっても、収納に入れることには抵抗はないはずです。

この方法ならば意外と少ないモノで暮らすことができるんだと気づくことができます。

少ないモノで暮らすことで少ないモノで暮らすことのメリットに気づけるはずです。

こんな少ないモノで暮らせるなんてビックリ!

アプリも同じ方法で整理しよう

気が付くといつのまにか溜まっているモノは、スマホの中も同じです。

いつのまにかいらないアプリが多くなり、使いたいアプリもアクセスするまで時間かかっていませんか?

便利であるようで実は不便という典型的な例です。

私は定期的にアプリの全消しを行っています。

一々考えて消していると、「これはそのうち使うかもしれない」と結局まったく消せないからです。

0から次々に1を足していった方が楽ですよ。

まとめ

どうしても人はモノを少なくするときに、「いつか使うかもしれない」という思考が働き結局ほとんど捨てられません。

それならば、初めから捨てなければいいのです。

ここまで紹介した方法ならば、捨てることなく自分に必要なモノを見極めることができます。

ミニマリストとしては非常識なコツなのかもしれませんが、0から始める方法にぜひチャレンジしてみてください。
貧乏ねこ

0から始めるのも悪くないかも・・・

また、捨てていく過程でどんどん物欲がなくなってくることに気づくはずです。

モノを増やすことに抵抗を覚えだすと何も買うことができなくなります。

そんなときにおすすめなのが買い物の優先順位です。
下記の記事に詳しく書いてあるので参考にしてみてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる