考え方次第で貧乏でも幸せになれる6つの方法 

考え方次第で貧乏でも幸せになれる6つの方法 
悩みねこ

貧乏で生きるのがやっと・・・
お金もないのに、どうやって幸せになったらいい?

こんなお悩みを解決します。

私は収入が低く、奨学金という借金があるため、裕福な暮らしはできていません。

貧乏な私は幸せにはなれないのでしょうか?

そもそもブログを始めた理由もお金がなくても豊かに暮らせる方法を模索したかったからです。
そんなとき、一冊の本に出会えました。

私はひろゆきさんの「無敵の思考」を読んでから、考え方次第で貧乏でも幸せになれることに気づきました。

この本のおかげで、お金がなくて毎日が辛いと思っていましたが生きるのが大分ラクになりました。

私の価値観を変えてくれた本の内の一冊です。

人はいつも満足できずに心の穴を何かで埋めようとする生き物です。

心の穴を埋めるのにお金で解決しようとすると、永遠に埋まらない穴をお金をかけて埋める羽目になります。

このことは科学的に説明することができ、依存傾向をもたらすドーパミンで幸せを得ようとすると「もっと欲しいもっと欲しい」と永遠に終わらない欲求と付き合っていかなければならなくなります。

みなさんにも経験があることでしょう。

ではお金を使わずにどうやって幸せになったらいいのでしょうか?

その考え方を紹介したいと思います

その考え方というのは、
  1. 考え方その1 ランニングコストをあげない
  2. 考え方その2 ルールを決める
  3. 考え方その3 モノづくりをする
  4. 考え方その4 見栄にお金を使わない
  5. 考え方その5 お金を貯めておく
  6. 考え方その6 欲望をコントロールする
です。では1つ1つ説明します。
目次

考え方その1 ランニングコストをあげない

貧乏だと一番苦しむのは何だと思いますか?
激怒ねこ

お金にきまってるやないかい!

まさにその通り。それを解決する方法は、ずばりランニングコスト(生活費)を上げないことです。

ランニングコスト(生活費)を上げてはだめです。一度あげると下げるのが難しくなるからです。

私も、最初は部屋が綺麗で、景色がよく、駅が近くて、エレベーター付き、騒音がないところを探していました。
こういったところはほぼ家賃が高いです。

どれだけ良いところでも住んでいるうちに慣れます。
景色がよくて+5000円と数字ででていたら、お金払いますか?

家賃6万で時給2000円だとしたら、家賃のために30時間。8時間勤務としたら、3日間は家賃のために働いていることになります。

仮に家賃が1万安くなれば、趣味・外食に1万円使うことができます。

どちらがいいのかはあなた次第です。
バカンスねこ

余った1万円で自己投資をして、年収をあげてやるぜ~!

特に最近のランニングコストが上がる原因がサブスクリプションです。

私もMAXのときは、U-NEXT、YoutubePremium、マネーフォワード、AppleMusic、AmazonPrime、kindle unlimited、リハデミー、Conoha wing(サーバー代)、Rank tracker、ヤマレコなど月1万ほどかかっていました。

こういったものは月額は少額でありながら塵も積もれば山となるで一気に利用料金が増えます。

もちろんあれば便利ですが、我慢しようと思えば我慢できるものもいくつかあります。

現在は頑張って減らした結果、Conoha wing(ブログのサーバー代)、Rank tracker、AmazonPrimeのみでそれでも月3500円ほどかかっています。

一度ランニングコストを上げると、中々その便利さからか下げることが難しくなります。

体験で一カ月無料とありますが、あれは罠です。最初から利用しないことをお勧めします。

下記の記事は私が実践してきたランニングコストを上げない方法です。

考え方その2 ルールを決める

モノを買うときは、必要最低限、満足できればいいので安いものから選んでかっています。

前は、洗剤を買うときも無添加じゃないとだめ、食品も国産じゃないとだめとかこだわっていました。

しかし、今の時代そんなに品質の悪いものはありません。

したがって、安いものを買う→合わなければ次に安いものを買うと自分が満足できるラインを探して購入しています。

自分の中で買い物のルールを決めましょう。自分に合わないなと思えば、また変えればいいんです。
ひよこ先生

口コミなどではなく、自分で使ってみてはっきり効果があるのか判断しよう!

他にもモノを買うときの基準が私の中にはあります。

それは、『使用頻度の高いモノ』から優先して買うです。

使用頻度の高いモノを買うことで、生活の満足感が上がります。

なぜでしょうか?

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

考え方その3 モノづくりをする

楽しさや幸せを「お金を使うことで感じる人」は一生しあわせになれません。

現在の生活水準で老後も同じようにお金を使い続けれると思いますか?

老後は金銭も、体力も、認知能力もどんどんなくなっていきます。

消費者の人生から抜け出すためには、モノづくりをするという方法しかありません。

「絵を描くこと」「写真を取ること」「文章を書く」など。

私は老人保健施設に勤めていますが、入所者の人たちが毎日していることは何だと思いますか?

答えは「壁をぼーと眺めているか」「テレビを見ているか」です。

体力がなくなり外にも出れなくなるとますますできることが少なくなります。

一生楽しく生きたいのならば、インドアな趣味を持っておくことをお勧めします。

私は、本を読んでブログを書くという行為に楽しみをみいだしています。

最初はめんどくさいと思っていたのですが、自分の考えを含め文章を書くことは思ったより楽しかったです。
のんねこ

ブログを書くことでライティング能力やマーケティング能力が身に尽くし、お金も稼げていいとこ尽くしです!

私はこれからの時代は、趣味でお金を使うではなく、趣味でお金を稼ぐことが必須になると思っています。
そう思うぐらい、これから先の社会は少子高齢化があり、不安定です。

登山という趣味でもYoutubeと繋げることで上手くマネタイズできている人が多いです。

みなさんも趣味をマネタイズする方法を模索してはどうでしょうか。
マネタイズしたいと思う方は下記の記事を参考にしてみてください。

考え方その4 見栄のお金ほど無駄なものはない

見栄のお金ほど無駄なものはありません。

スマホや時計はapple製品、車は普通車、おしゃれな家具、おしゃれな服。

結構な金額投資したと思います。
でもそれで得したことて別にないんですよね。

今どきapple製品だからかっこいい!とか普通車だからかっこいい!とかででモテたり羨ましいがれることなんてありません。

服装も清潔感のある恰好をしてれば、特に変な目でみられることもありません。

車は買った後に維持費がかかります。車が大きくなればなるほど維持費は高くなります。

他の製品も一度手にしてしまえば、買い替えるという選択肢が増えてしまいます。

結局、モノが多ければ多いほど、維持費がかかるということです。

したがって、最近では必要最低限機能さえ満たせばいいという考えにシフトしています。
しょんぼりねこ

車は乗れればいいから、軽自動車で良かったな・・・

ついついモノを買ってしまう浪費癖のある方は下記の記事を参考にしてみてください。

考え方その5 お金を貯めておく

お金が貧乏だからお金が貯まらないんだと怒られそうですが、きちんと理由があります。

お金を貯めておかないと「思考力が落ちる」というのがあります。
というのも、自分の懐具合を心配してお金に欠乏を感じていると、人間の思考能力は大幅に落ちます。

米ハーバード大学の経済学教授とプリストン大学の心理学教授が『いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学』という本を出していますが、その中に経済的な欠乏が人間の認知能力に与える研究結果が載っています。

インドの農業地帯の実験では、収穫前でお金が足りない状況と、収穫後でお金に余裕がある状況の農民に対して知能検査を行いました。結果、収穫後のほうが約25%も高いという結論で終わりました。

これは「トンネリング」という、目先の欠乏に意識が行き過ぎて、他のことが見えなくなる視野狭窄現象が起きているからだそうです。

私も無職のときが一番思考能力が落ちたと実感しています。
人は焦りだすと急ぐあまり短絡的に結論をだしたがります。

思考能力の低下がさらなる貧乏につながる可能性も十分あります。

特にインフルエンサーなどは一発逆転などの情報を高値で売るということをしています。

自分はひかからないと思っていても、彼の言葉を聞いてるうちに彼なら信用できそうと思ってしまうのです。
実は私もひかかったことがあるため、twitterをやめました。

詳しくは下記の記事に書いています。

考え方その6 欲望をコントロールする

欲望をコントロールするというのは人間にとっては難しいように感じます。
しかし、食欲などある程度コントールできます。

例えば、焼肉が食べたいと思っても、家でカップラーメンでも食べればお腹が膨れて焼肉を食べたいという欲望はなくなっていると思います。

しかも、意外とカップラーメンで満足できたりします。
焼肉はカップラーメンと比べて30倍ぐらいの値段がしますが、おいしさが30倍になるわけではありません。

暇な時間があれば、遊びたいと思うかもしれませんが、選択肢の中にどうしてお金のかかるものしかないのでしょうか?

広告やtwitter、instagram、Youtuberにのせられて、わざわざお金のかかる遊びを選んでしまっているように思います。

ひろゆきさんは暇なときはwikipediaを見ているそうですが、私は暇なときは散歩するか本を読んでいます。

休日に『ノーマネーデー(お金を使わない日)』を作ると貧乏でも意外と幸せにやっていけます。

考え方次第で貧乏でも幸せになれる!

これからの時代どうなるかわかりません。少子化が進むのは確実として、年金がどれぐらいもらえるのか見当もつきません。

今のランニングコストで老後を迎えた場合、生活を維持できるでしょうか?

今のお金のかかる楽しみ方を老後も続けられるでしょうか?

今が良ければよいと簡単に言いますが、しっかり考えて老後を迎えないと、老後破産となり、毎日お金に不安を抱えながら生きなければいけなくなります。

考え方次第で貧乏でお金を使わなくても幸せになれる方法はたくさんあります。幸せとは何か一度みなさんにも考えてもらいたいです。

今回ご紹介させていただいた本は元2ch管理人のひろゆきさんの『無敵の思考』です。
ここではまだ紹介していない『考え方次第で貧乏でも幸せになれる方法』が書かれています。
下記の記事は科学的に幸せになれる方法です。
こちらは、世界一幸せな国フィジーの幸福論を解説しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる