ミニマリストの私が車を持つ理由|断捨離できないものもある

ミニマリストの私が車を持つ理由
悩みねこ

ミニマリストなのに車もつの?
結構お金かかるんじゃないの?

こんな疑問にお答えします。

まず、最初に誤解を正しておきます。

ミニマリスト=ほとんどモノを持っていない人ではなく、ミニマリスト=最小限のモノで豊かに暮らすことを目的にしてる人です。

中には部屋に何もないような人がいますが、それがミニマリストが病気だと言われる理由でしょう。

我慢して持たないことで不自由さを感じるような生活はしていません。

私にとって車は『使用頻度の高いモノ』であり、毎日のように職場までの通勤で使っています。
休みの日も、趣味(ドライブ、旅、登山)のために利用しています。

私は前にミニマリストの買い物の基準を『使用頻度の高いモノ』にすると生活の充実度が劇的に上がる記事を書きました。
詳しくはミニマリストの買い物の優先順位 ほしいものから買わないを読んでみてください。

ミニマリストによっては「お金のかかる車なんて必要ない」という人もいますが、都会などで交通の便が良い人でしょう。
都会であれば、駐車料金がさらにかかり、確かに贅沢品です。

地方暮らしの方にとっては、車は必需品ということが分かってもらえると思います。

ではミニマリストの私が車を所有している理由を説明します。
目次

ミニマリストなのに車を持つ理由は?

理由①田舎だから

単純に『田舎』だからです。

私の家から最寄りのスーパーまで2.7km、職場まで7kmと自転車でもいけない距離ではありませんが、さすがに毎日往復14kmは疲れます。

田舎なので風を遮ることものもなく、山の方なので匂配がきついです。

電車やバスを使えばいいと思われるかもしれませんが、職場に近い駅なんでありません。

バスもバス停まで徒歩26分、バスの時間14分、職場まで徒歩6分と合計1時間14分かかります。

車で15分で行ける距離を1時間以上かけていくのはバカバカしいですよね。

最近、都会暮らしをやめて田舎暮らしの人が増えていますが、田舎暮らしには車は必須といえます。

理由②趣味活動

私はサイクリングと登山をしています。

いつもサイクリングロードを走るために、友達と特定の場所まで待ち合わせをしてそこからロードバイクで走ることが多いです。

サイクルトレインが多ければいいのですが、大抵電車にロードバイクは詰め込めません。

家からロードバイクで走れば問題ないかもしれませんが、片道50㎞あったりするので、サイクリングする前に疲れてしまいます。

また、登山は山の中なのでバス停などなく、有名な山ならいいのですが、大抵は車は必須となります。

生活の質を上げるためにも、趣味活動は必須なので車は必需品となります。

理由③恋活&婚活

都会なら電車があるので、デートの時車がなくても困らないと思います。

しかし、田舎で電車デートは厳しいです。

目的地まで電車+バスを最大限利用しないとたどり着けません。

車を持たない若者が増えていると聞きますが、田舎で車を持っていないとデートにも誘えませんよ。
泣くねこ

車がないからデートに誘えない

ミニマリストの車の選び方

ミニマリストの私の車選びの基準は、『機能性が良いこと』『オシャレであること』『コスト&維持費ができるだけ安いこと』です。

私はトヨタのアクアに乗っていますが、上の3点で決めました。

機能性が良い

私にとって機能性が良いとは、『ある程度馬力がある』『エンジン音が静か』『乗っていて快適』『燃費が良い』の4点です。

私が1番重視しかたったのは、燃費の良さです。
アクアはハイブリット車なので大体25~30km/lの燃費で走れます。

ガソリン代が高い現状(2022.3)ではかなり助かっています。

冬になると少し燃費が下がるのは残念でしたが、暖かい日だと30km/lを超える日があるので大いに満足しています。

また、ハイブリット車なのでエンジン音が静かで、車の中で音楽をかけてても、エンジン音で聴こえないことはありません。(車体が低いためか道路を走るときのタイヤの音は聞こえます)

しかし、アクアは車体が低いので乗っていて快適ではありません。
ここは私が妥協したところです。

オシャレである

ミニマリストは最低限のモノで生活するので、生活品はできるだけおしゃれであてほしいという気持ちがあります。

オシャレなモノで囲まれる生活は、生活に美しさを作り出してくれます。

1つでもよれよれのズボンを着ていると、上衣もよれよれでもいいかという気持ちになります。

1つでも汚いモノ汚れたものがあるとそこからすべて浸食していきます。

したがって、私は車にオシャレを求めています。

車がオシャレで綺麗だと、きちんとした身なりで出掛けようという気分になります。

車が汚れていると気になるので、掃除もしっかりするようになります。

『オシャレなモノを持つ』というのは、自分の心をオシャレにするための道具です。

コスト&維持費ができるだけ安い

いくらオシャレであっても、身の丈に合っていない車を持ったり、維持費がかかりすぎる車に乗れば毎日の生活が破綻してしまいます。

自分を満足させる維持費が高ければ高いほど、支出が増え、お金の不安が増えていきます。

自分にとって必要な最低限のモノを買いつつ、『足るを知る』ことが大切です。

因みに私のアクアの維持費は下記の通りです。

車の維持費そんなにお金がかかる?

ガソリン代

私はトヨタのアクアに乗っています。

車の走行メーターを見る限りでは、私の1年に乗る走行距離は10,000kmぐらいです。
平均では2020年のデータでは6、000kmほどです。(参照:PRTIMES)
年10,000kmをガソリン単価150円/ℓで燃費22km/ℓで計算したところ年約68,000円でした。

会社から月4000円ほどでるので、年20,000円ほどです。

駐車場代

現在実家暮らしのため月0円です。

私の住んでいるところの賃貸の駐車料金は3300円でした。

田舎暮らしだと、車を持っていても駐車料金が安いです。

自動車税

コンパクトカー(アクア)の自動車税は年間34500円です。

軽自動車は年額10,800円なので、軽自動車に変えればさらに安くできそうです。

車検

私は楽天car車検で車検しています。

貰ったポイントを差し引くとトヨタ アクアの車検代は56000円でした。

保険料

等級やゴールドかどうか、年間走行距離などによって変わります。

ソニー損保では、私の条件に当てはめると、20等級ゴールド30歳以上年間走行距離11000km以下の車両保険なし(中古車で買ったのでいらない)だと21,630円でした

オイル&オイルフィルター交換

オイル&オイルフィルター交換はコンパクトカーでは、イエローハット(最安値)で3,600円です。
(参照:CARTUNE)

年に2回しても7,200円です。

田舎暮らしの年間の自動車維持費

ガソリン代 年20,000円
駐車料金=0円
自動車税34,500円
車検56000円÷2=28,000円
保険料(車両保険なし)=21,630円
オイル&オイルフィルター交換=7,200円
計111,330円

月約9300円で乗れることが分かりました。

そう思うと車を持っていても、田舎暮らしならばそこまで負担にはなりません。あくまで私の一例ですが。

まとめ

ミニマリストで車を持たないというのは『都会』に住んでいる場合だけだと思います。

それぐらい田舎で車がない生活は不便です。

最初にも言いましたが、ミニマリストはモノを減らして豊かな暮らしを目指すものではありません。

車は購入してからも、維持費がかかる金食い虫ですが、工夫次第でガソリン代込みでも月1万に抑えることもできます。

田舎ぐらいのミニマリストにとっては車は決して贅沢品ではありません。

それに使用頻度が高いモノはあなたにとって必需品です。スマホは毎日持ち歩いていませんか?

私は使用頻度が高いモノにはお金をかけるようにしています。なぜなら、毎日使うので人生の充実度が変わるからです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる