車を手放すと後悔する?地方都市でも車は必須

車を手放すと後悔する? 地方都市でも車は必須
現在、私は車を所有していますが、一度車を手放したことがあります。

理由としては、手取りが少ないため、維持費のかかる車が重荷でしかなかったからです。

軽自動車のワゴンRに乗っていましたが、維持費を節約するための知識がなかったため、車の維持費にかなりお金がかかっていました。

車検約60,000円、保険約60000円(車両保険つき)、税金10,800円、オイル交換3,000円(3000kmに一回)、駐車料金月5000円でガソリン代なしで総額1年間で17万ほどです。

今なら楽天car車検やネット保険などの格安の車検や保険があります。

オイル交換も10,000kmに一回で十分と三菱自動車で働く兄から教えてもらいました。
当時は三重県の津市という、地下鉄はないものの、そこそこの交通の便が良い地方都市に住んでいました。

したがって、車を手放してもなんとかなるだろうと思っていました。

しかし、結論からいえば私は車を手放してあまりの不便さからとても後悔することになりました。
車の維持費の関係から手放すことが多いと思いますが、生活の質は確実に下がります。

その理由についてこれから説明します。
目次

車を手放すと後悔する!不便に感じたこと

通勤がつらい

車をなくしてからどうやって通勤してたかというと自転車です。
片道5㎞ある職場に25分かけて行っていました。

自転車で負担のかからないぎりぎりの範囲です。
だからこそ、車を手放すことができたのですが、これが後悔のもとでした。

自転車なら朝の運動になって、車の維持費もかからないし、一石二鳥です。

しかも、朝の時間帯は必ず通勤で混みます。自転車ならば混み具合に関係なく、同じ時間しか掛かりません。
また、朝の時間は走るととても気持ち良かったので軽いサイクリング気分で、とても充実した通勤時間を過ごしていました。

こんなこともあり、一石二鳥どころか一石四鳥ぐらいの気分でした。

後悔したのが夏、冬の季節や風が強かったり、雨が降った日です。

夏は大量の汗で汗で濡れた服を着ているのがとても不快でした。
冬はダウンを着ていればある程度寒さは防げますが、顔が冷たくて仕方なかったです。

風が強い日は、まったく自転車が進まず倍近い時間がかかっていました。
雨の日はカッパを着るのがめんどくさく、帰りは濡れたカッパを着るのが嫌でした。

車は環境に関係なく、車内は快適ですが、自転車はもろに環境による影響を受けます。
しょんぼりねこ

雨にも負けず風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な体ほしい・・・

買い物が大変

食料品ぐらいならリュックに詰めればいいのですが、リュックに入りきらないモノが困ります。

今はAmazonなどの通販サービスが充実しているので、たとえ大きいモノであっても買い物にあまり困ることはありません。

しかし、少量の適度に大きいモノを買う場合は、送料込みにすると割高になってしまい、結局友達に車をだしてもらっていました。
少量の適度に大きいモノとは、例えば、ニトリで買える様な日用雑貨です。ふとん、コーヒーメーカー、絨毯、お盆などなど。

また、職場は5㎞と近い方なのでいいのですが、三重県の津市の街中に住んでいましたが、大型のショッピングストアなどは片道10㎞ほどありました。

バスで行くという手もありますが、買いたいものがあるか分からないのに往復で1000円もお金を払うのはかなり損した気分になります。

遊びに行けない

友達と遊ぶ場合、同じ市内に住んでいたとしても、会うだけで車で30分はかかります。
車がない時は、友達に迎えに来てもらっていましたが、とても申し訳ない気持ちでした。

また、趣味活動をするにあたり、街中なら交通網がしっかりしているのでいいですが、田舎の方は交通の便が最悪です。

私は登山を趣味としていましたが、山に行くことができなくなりました。
有名な山ならともかく、地方の山にバス停なんてあるわけありません。

インドアな趣味ならいいですが、趣味活動はある程度、移動に車は必須です。

人生の充実度が趣味にある人は、かなり行動範囲を狭める結果になります。

車がないと寂しい

私はワゴンRは新車で買ったので、とても気に入っていて大好きで仕方ありませんでした。

新車を購入したばかりの人は分かると思いますが、車が自分の一部となり、乗るだけで高揚感を与えてくれます。
(その後、中古車を買いましたが、こういった高揚感はありませんでした・・・)

情けない話ですが、車が自分のアイデンティティを満たしてくれます。
「車もっている俺かっこいい。Apple製品使っている俺かっこいい」とかそうゆうレベルです。

モノに価値を見出すのは間違っているのかもしれませんが、モノを持つことで毎日が楽しくなるのならそれでもいいのではないかと思ってしまいます。

私はミニマリストですが、モノを最小限にしてから、モノにこだわるようになり、お気に入りのアイテムを持つだけで嬉しくなります。

車を手放すというのは、お気に入りのモノを1つ失うことになるので、か・な・り寂しくなりますよ。
寂しい猫

心にポッカリ穴があいたみたいだ・・・

モノの持ち運びができない

車は人を運ぶだけでなく、モノを運ぶことにも使います。
このことで、私が車がなくて不便に感じたのが、実家から野菜をもらっても持って帰るのに苦労したことです。

限界ぎりぎりまで、バッグに詰めて、電車と自転車で移動しましたが、重くて死にそうでした。

そこまでして持って帰らなければよかったのですが、金なしの私にとっては少量の野菜であっても貴重でした。

それ以外にも意外とモノを運ぶ機会は多いと思います。

要らないモノを捨てるとき、友達に何かを上げるとき、自転車をつんだりと用途は多彩です。

緊急時に困る

車がなくて本当に困った時がありました。
親が体調を崩し、急遽帰らなければいけなくなったのですが、時計を見れば、夜の10時です。

実家まで片道2時間かかる距離で終電に間に合いそうになく、そのときは朝まで移動ができませんでした。
交通網がしっかりしたとしても、深夜には動いていません。

心配したらきりがないですが、緊急時に車があるのはとても安心できます。
今回の件で、車がなくて本当に後悔しました。

交通費が無駄になる

移動手段を徒歩や自転車に変えたところでそのまま交通費がもらえるわけではありません。

そのままもらい続ければ不正受給となり、罰せられます。

そうなるとわざわざ会社のために苦労して自転車で行くようなものです。

仕事で疲れて自転車で帰らなければならないと思うとげんなりします。

わざわざ会社が交通費として出してくれるものです。貰えるものは貰ってラクをしましょう。

まとめ

個人的にはネットのおかげで車の維持費は大分下がった印象です。

現在はトヨタのアクアに乗っていますが、維持費は車検はホリデー車検で52,000円、保険は楽天保険で26,000円(20等級、ゴールド、車両保険なし)に下げることができました。

駐車場代は下げるのは難しいですが、これだけでも年間40,000円減です。

住む場所によって、車の必要不必要は変わると思いますが、手放さず使用しないことで、一度車を全く使わない不便さを味わってからでもいいのではないでしょうか?

車を手放すのもまた購入し直すのも本当に手続きが面倒です。(車を再度購入するのが面倒で車のない生活を1年間続けました・・・)
私みたいにならないために、手放す前に一度考えてみてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる