ミニマリストが合ってる人合わない人の性格の特徴

ミニマリストが合ってる人合わない人の性格の特徴
のんねこ
理学療法士
現在は理学療法士という医療従事者として働いていますが、かなりの底辺な人生を歩んできました。
22歳で大学中退⇒フリーターを10年以上経験⇒医学部再受験失敗⇒33歳で理学療法士養成大学に進学⇒37歳で理学療法士として初就職しましたが、人間関係のトラブルで40歳で無職に逆戻り。なんとか転職先を見つけて現在働いています。
こういった経験からお金の大切さが身に沁みています。
失敗ばかりで成功体験なんてほとんどありませんが、私と同じように社会の底辺の方でも、なんとか人生を上手く生きていく方法をご紹介できたらと思います。
悩む猫

自分はミニマリストに合った性格なのかな?

のんねこ

ミニマリストには向き不向きがあるがあるので誰にでも合うわけではありません。自分の性格を理解しないままミニマリストを目指しても自分のライフスタイルと合わずに断念してしまうでしょう。

ここ最近ミニマリストがブームですね。

ミニマリストの中ではしぶさんが一番有名でしょうが、そうでなくても、本やYoutubeなどでミニマリストが増えてきたように感じられます。

ミニマリストが増えてきたのは、「ミニマリストになると人生が良い方向にかわった!」という人が多いので、ミニマリストになってみたいなと思う方が増えてきたのが原因であると考えられます。

ミニマリストになろうとしても、モノを減らすことは面倒であり、中々自分の持ち物に要不要を決めることが難しいです。

ミニマリストになろうと思って挫折する人はモノを減らす過程で諦めてしまう人が多いように感じます。

どうしてモノを減らす過程で諦めてしまうのでしょうか?

答えとしては、やはりミニマリストになるにも、性格によってはミニマリストに合ってる人と合っていない人がいます。

ミニマリストは「必要最低限のモノで豊かに暮らすこと」だと私の中では思っていますが、これはメリットもあればデメリットもあります。

モノを減らすということは、頻度は高くなくてもたまに使いたいときに「なくて不便だな」と感じてしまいます。

こういった人にはミニマリストは向いていないでしょうし、「多少不便でもまいいか」と考えられる人にはミニマリストに向いています。

ここでは、ミニマリストが合ってる人合わない人の性格の特徴について解説したいと思います
目次

ミニマリストに合っている性格の特徴

モノが散らかっているのをみるとイラつく

床に置かれたゴミで散らかった部屋
散らかった部屋
シンプルな綺麗な部屋
シンプルな部屋
のんねこ

モノが散らかっているのをみるとイラつく人は一番ミニマリストに合っています。

悩む猫

綺麗でシンプルな部屋の方が落ち着くから自分はミニマリスト向きなんだね。

モノが多い散らかった部屋をみるとイラつき、整頓されたシンプルな部屋を見ると気持ちが穏やかになる人は完全ミニマリスト向きです。

2枚の写真を見比べてみてどうでしょうか。私は散らかった部屋には絶対に住めません。

少ないモノでシンプルに綺麗な部屋に住みたいと思ってしまいます。

ミニマリストになるということは、モノが少なくなるので自然とシンプルで綺麗な部屋に近づきやすくなります。

もちろん、少ないモノでも床に置いてしまえば汚くみえてしまいますが、モノが少ないので片付けもしやすくなります。

片付けが終わらなく困っている方は下記の記事を参考にしてみてください。

めんどくさがり屋

のんねこ

めんどくさがり屋の人はミニマリストに向いています。
理由は、モノが減って選択肢が減った方が楽だからです。

悩む猫

選択肢が多いと選ぶのにエネルギーをつかっちゃうね。

モノが減ることで選択肢が減るということが分かりにくいかもしれません。

たとえば、服が少なければ、着ていくコーディネートが限られるので選択肢が減ります。

調味料が少なければ、凝ったものを作らなくなり、早くて簡単に作れるものを作るようになります。

このように選択肢を減らす生活は、人生をとても楽にしてくれます。

めんどくさがり屋にとっては、ミニマリストは最高に相性がいいのです。

でも、中には断捨離するのも面倒くさいという人もいるので断捨離に挫折してしまった方は下記の記事を参考にしてみてください。

テキトー

のんねこ

テキトーな人もミニマリストに向いています。
理由は、モノを減らすことで無駄な努力をしなくてすむからです。

悩む猫

モノを減らしたらどうして無駄な努力をしなくてすむんだろう?

のんねこ

例えば、部屋のモノが減れば掃除が楽になりませんか?
無駄なモノを置くことで、無駄な努力が増えてしまっているのです。

私はめんどくさがり屋な上、テキトーです。
めんどくさがり屋だからテキトーになるともいえますが・・・。

いつも100%は目指さす60~80%ぐらいで納得するようにしています。

なぜなら、100%にするのに残りの20%頑張ることが一番大変だからです。

テストの点数でも80点なら比較的簡単に取れますが、100点を取ろうと思うとさらに倍以上勉強する必要があります。

おまけに、複雑化すればするほど80%を目指すのも難しくなってきますが、シンプルにすればするほど簡単に80%に近づけやすくなります。

モノを減らすということは生活をシンプルにするということなので、簡単に80%を目指しやすくなります。

例えば、掃除ではモノが少なければすぐに80%まで綺麗にできます。
100%綺麗にするために窓を拭いたり、細かいところまで掃除したりするのはかなり大変です。

ぱっと見綺麗ならそれでよし!テキトーな人はこんな感覚です。
悩む猫

生活をシンプルにするって、テキトー人間には最高だね!

マルチタスクができない

のんねこ

マルチタスクが出来ない人は一つのことに集中するしかありません。
ミニマリストは一つのことに集中する生き方なので相性がいいのです。

モノが減り、選択肢が減り、余計なものに目がいかなくなると、その分1つのことに集中しやすくなります。

こういった考えのことをエッセンシャル思考といいますが、自分にとって何がほんとうに大切かを決めることで、優先順位の低いものを切り捨てて、自分がやりたいことが分かるようになります。

ここで大切なことは、物理的にモノを減らすことで、自分のやりたいことが視覚からはっきりと分かるようになり、思考がシンプルになることです。

物事を上手く考えられない人は、複数のことをいっぺんにやろうとしてしまっています。
悩む猫

だから、マルチタスクができない人ほど、シンプル思考であるミニマリストになったほうがいいんだね。

そして、有形のモノ以外にも無形のモノを減らすことでさらに生活がシンプルになり、1つのことにさらに集中しやすくなります。

無形なモノを減らすことは、SNSをやめる、スマホをやめる、TVをやめるなど色々とありますが、これらをやめることで自分の時間のリソースが増えていきます。

捨てるべきものはモノだけではありません!有形のモノと無形のモノを減らして、心にゆとりを持ちましょう。

有形のモノだけでなく、無形のモノも減らしたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

憂鬱で塞ぎこみやすい

のんねこ

憂鬱で塞ぎこみやすいほど、色々考えすぎてしまい心に余裕がありません。
まずは、部屋を綺麗にすることで、憂鬱な気分を少しでも取り除きましょう。

悩む猫

欝々した気分で汚い部屋にいると余計に欝々しちゃうね。
環境て思ったより大事なんだね。

憂鬱で塞ぎこみやすい人はどうしてミニマリストに合っているのでしょうか?

憂鬱で塞ぎこみやすい人は心に隙間がないことが多く、あれこれと考えて過ぎてしまいます。

先ほど散らかった部屋とシンプルな部屋をお見せしましたが、散らかった部屋をみているだけで憂鬱になったり、塞ぎこみやすくなったりしないでしょうか?

私は環境次第である程度、心のケアができると思っています。

都会の狭い部屋で暮らすのと、周りが自然で囲まれた景観の良い場所で暮らすのとでは気分が違ってくるでしょう。

生活をシンプルにすることで、心にゆとりをもちやすくなります。

そうなれば、憂鬱な気持ちも少しは晴れてくるのではないでしょうか。

少なくとも私はうつ状態のときに断捨離したおかげで心にゆとりを持つことができました。

詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

モノへのこだわりがある

悩む猫

高くても自分が気に入ったモノを使いたいんだよね~。

のんねこ

モノへのこだわりが強い人は、ミニマリストは一つ一つのモノを大切にする生き方なので、ミニマリストに合っています。

「自分が気に入ったモノしか使いたくない」「人の同じものを使うのが嫌だ」などモノへのこだわりがある人には、ミニマリストにものすごく向いています。

ミニマリストはそもそもなるべくモノ減らし、必要最小限の生活を目指す生き方ですが、モノへのこだわりはとても強くなる傾向があります。

必要最小限の生活であるからこそ、自分のこだわりのあるモノを持ちたいと思うのは当然の帰結でしょう。

モノが減れば減るほど、買い替えサイクルがなくなりますから、金銭的余裕が生まれ、こだわりのモノもお金が高くても質がいいモノを買うことができるようになります。

大量生産大量消費の時代ではありますが、自分のこだわりを持つことでモノを大切にする気持ちを持ちたいものです。

モノを蔑ろにする気持ちは、人を蔑ろにするのと大差がありません。

話が少しずれましたが、モノへのこだわりがある人はミニマリストに向いていると思います。

何も縛られずに生活したい

悩む猫

場所に縛られずに身軽に生きたいんだよね~。

のんねこ

何も縛られずに生活したい人にはミニマリストは向いています。
なぜなら、モノが少なくなればなるほど、身軽になり引越しが楽になるからです。

モノが増えれば増えるほど、移動に手間がかかるため、その場所に縛られるようになります。

引越しのことを考えればよく分かるでしょう。

住む場所に縛られると、働く場所にも縛られ、人間関係にも縛られるようになります。

荷物が少なければ、リモートワークができるIT系の仕事でなくても、ある程度どこでも働けるようになるので何も縛られたくない人にとっては身軽な方が都合がいいのです。

IT機器のおかげで、膨大な本や書類は簡単に持ち運びできますし、IT機器であらゆるものを代用できるので荷物も少なくて済むようになりました。

私の場合はiPadのおかげで大分モノを減らすことが出来ました。こういったIT機器はミニマリストにとって必須のアイテムです。
人間が生活する上で必要なものは本当に少ないです。しかし、マスコミの商業戦略で無駄に買い物をさせられてしまい、その場所に縛られるようになってしまいました。

モノを出来るだけ減らして自由になりたい人にはミニマリストには向いていると思います。

ミニマリストに合わない性格の特徴

収集癖がある

のんねこ

収集癖があると、モノが増えすぎてしまうのでミニマリストに向きません。

悩む猫

やっぱりそうだよね。
収集癖はモノを増やす行為だからまったくミニマリストとは真逆だもんな~。

私は一時期本を買い漁っていた時期があったので収集癖がある人の気持ちがよく分かります。

当時住んでいた部屋は1ルームで9畳しかなかったので、本棚も増えていくたびにどんどん部屋が狭くなっていきました。

今では紙の本は、ほとんど電子書籍に変えたのでほとんど処分しました。

紙の本に慣れ親しんでる人にとっては電子書籍にかなりの抵抗があると思いますが、結局『慣れ』の問題だと思います。

私と同じように紙の本か電子書籍にするか悩んでいる方は下記の記事が参考になります。
話を戻しますが、収集癖があると際限がないので、無限大にモノが増える傾向にあります。

モノと同じように部屋も無限大に大きくなるならいいですが、部屋を大きくしようとすればそれだけコストがかかります。

といっても、収集がその人にとっての生きがいである場合があるので、ミニマリストには向いていないとしても生き方を否定するつもりはありません。

もったいないが口癖

のんねこ

「もったいない」と言って何も捨てられない人にはミニマリストは向いていません。

悩む猫

いつか使うかもと思うと中々捨てられないんだよな~。

うちの母親がそうなのですが、「もったいない」と言ってなんでも残しておきます。

田舎の家は都会に比べて広く押し入れがあるせいか、モノを貯めこみやすく、要らないモノで溢れかえっています。

「もったいない」は世界共通語で「MOTTAINAI」と取り上げられるほど有名になりました。

しかし、それをすべてのモノに適応していては何も捨てられません。

不必要になったものは、捨てずにまずメルカリで売れるかどうか考えれば、捨てているわけではないのでもったいないことはなくなります。

私はモノを処分するときはまずはメルカリに出品し、半年経っても売れない場合にはじめて捨てるようにしています。

『売れないモノ=価値がないモノ』なので仕方がありません。


ミニマリストは、モノが減った後は増やすことに対して凄くシビアになります。

長くてずっと使える厳選したものを選ぶので、その分捨てるという選択肢がなくなりやすくなります。

モノを購入するときは、『使用頻度の高いモノ』を選ぶとあまり失敗することはありません。

ぜひ下記の記事を参考にし、モノを買う時も厳選して買いましょう。
といっても、あくまで私の考えなので私の母親のように「もったいない」という人にはミニマリストは合わないと思います。

多趣味な人

のんねこ

多趣味な人は際限なくモノが増えます。
ミニマリストには向いていないでしょう。

悩む猫

趣味の一つ一つに必須のアイテムがあるから、どうしてもモノが増えてしまうね。

多趣味な人は趣味が多い分あらゆるものに手を出すので、際限なくモノが増えていきます。

私はもともと多趣味で登山の道具やサイクリングの道具、読書のための本とモノであふれかえっていた時期がありましたが、登山は膝を痛めたこともあってやめており、登山道具はなくなりました。

実家暮らしならまだ収納スペースが多いでしょうが、一人暮らしの賃貸ではそれほど収納スペースが大きくありません。

つまりは、趣味を増やせば増やすほど生活空間が圧迫される恐れがあります。

一つの趣味にとことん追求できる人でしたら、そこまでモノが増えないでしょうが多趣味の人はどんどんモノが増えるので要注意です。

そもそも掃除をしない人

のんねこ

掃除をすることが嫌いな人はミニマリストに向いていません。

悩む猫

やっぱりそうですよね~。
掃除しなきゃ汚い部屋のままだもんな~。

そもそも掃除をしない人は頭の中に片づけて整理整頓をするという考えがないわけですからミニマリストに向いていません。

掃除をしない人はとことん掃除をしません。

私は掃除をしていると心まで綺麗になってくる感じがするので掃除が好きです。

散らかったり、汚い部屋にいるとイライラの原因になるので必ず掃除するようにしています。

しかし、汚い部屋にいても何も感じない人、掃除自体を億劫に感じてる人に「掃除をしろ」と言う方が無理な話です。

これはもう性格なので仕方ありません。

私の親父が汚くても平気な人で、「綺麗にしてよ」と注意しても「綺麗じゃないか」と返してきます。
要するに私と親父の綺麗の基準が違うのでもう諦めています。

無理に掃除をしようとするとストレスが溜まるので、自分のライフスタイルを身に付けていきましょう。

まとめ

悩む猫

ミニマリストに合っている性格がなんなのかよく分かりました!

のんねこ

ミニマリストには向き不向きがあるので無理に目指さないようにしてくださいね。

ミニマリストを目指そうにも人には性格によって向き不向きがあります。

ミニマリストになることで私は生きることが楽になると思っていますが、ライフスタイルによっては逆にミニマリストになることでストレスが溜まるかもしれません。

ミニマリストへの不信感があるのもそういった性格的なもので合わないからではないかと思っています。

私にとっては、ミニマリストの生き方があっていましたし、人生が良い方向に変わったと思っています。

生活がシンプルになったことで、思考もシンプルになり、やりたいことに全力を注げているので人生が楽しくなりました。

したがって、無理にミニマリストを目指すのではなく、まず自分に合っているのか合っていないのか考えてみてください。

ライフスタイルというものは人それぞれ違うので、自分に合ったものを探していくのが今後生きることを楽にしてくれると思っています。

私の断捨離の体験談については下記の記事を参考にしてください。
下の本は私がミニマリストになるきっかけになった本です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次