片づけるコツは『好きと嫌いを見極めること』

片づけるコツは『好きと嫌いを見極めること』
悩みねこ

片づけようと何度も挑戦しているけど、全然片づかない
どうしたらいいのかな?

こんなお悩みを解決します。

片づけるコツは『好きと嫌いを見極めること』です。

「好きなモノ」はなかなか捨てられませんが、「不要なモノ」なら簡単に捨てられそうです。

私も含め大体の人は、「いつか使いそう」「捨てるのはもったいない」と思って中々モノを処分することができません。

これらを基準にしていてはいつまでたっても片づきそうにありません。

また、大体の人は家の中に何があるのか把握されてない方が多いです。

片づけをしていると「あれ、こんなもの持っていたっけ」というモノが圧倒的に多いです。

把握していないモノですから、完全に要らないモノです。なくてもいいから把握してないわけですから。

まず何があるのか把握するところから始めましょう。
目次

片づけるコツ①服を片づける

着る服と着ていない服を分ける

STEP
まず最初に持っている服を全部出す

どんな服を持っているのか把握することが大切です

STEP
1年で実際着た服を『着た服』とし、「着た服」と「着てない服」にわける

意外と1年のうちで一度も着てない服の多さに気づきます

STEP
『着てない』服を、「着てないけど好き」と「それ以外」にわける

生きていると自分の好きがかわってきます。

STEP
ボロボロになるまで着た服は捨てやすい。十分着た服から捨てる

綺麗な服は意外とまだ着れると思って、捨てられないことが多いです

どうでしょう?

自分なりの基準を持つと捨てやすいです。

一番大切なのはSTEP2。

1年のうちで着なかった服はその後も着ないことがほとんどです。
笑顔ねこ

趣味嗜好がどうしてもかわちゃうね!

特に着なかった服で色褪せやヨレヨレの服は着れたとしても清潔感から離れてしまいます。

かなりみっともないですから思い切って捨ててしまいましょう。

思い出があってそれでも捨てられない

STEP
写真を撮る

実物はなくなっても思い出は残ります

STEP
コレクションとして残す

写真を撮るだけでは捨てられない服は、コレクションとして残しておきます

ここまでやると、かなり服の数は減っているはず。

タンスの中を見てみてください。

実用的な服とお気に入りの服しかないはずです。

気分も晴れやか。心にゆとりが生まれませんか?
一服ねこ

モノが少なくなると、部屋が片づいてスッキリするね!

片づけるコツ②本を片づける

STEP
読んでる実用書と読んでいない実用書にわける

実用書が本のジャンルの中では一番わけやすいです

STEP
それ以外の本も読む本と読まない本にわける

ここがネック。読まない本にわけても、なかなか捨てられません

STEP
読まない本に保留期間を作り、残しておく

残しておいても、もったいないから読んでみようと思っても結局読まないです

STEP
読まない本の写真を撮り、タイトルだけ控えておく

タイトルだけ控えておけばまた読みたくなったら購入すればいいんです

本はまた読み返すかもしれないと思うと、なかなか捨てられないことが多いです。

私もそうでした。

しかし、この方法を試してからは本が10分の1まで減りました。

たまに捨てた本の中に読みたくなる本がでてきますが、その時はその本だけ買い戻せばいいんです。

時間が経っていれば、メルカリで安く手に入れることができます。

メルカリのおかげで、「買い戻すとその分だけ損だ」と思わなくてもよくなりました。

前は本の量に困っていましたが、今は本棚1つで収まっています。
笑顔ねこ

お気に入りの本しかない本棚をみるだけでもしあわせな気分になれるよ♪

そもそも本は散らかりやすいので電子書籍の方がおススメです。

私は元々紙の本派でしたが、慣れてしまえばむしろ電子書籍の方が楽です。

モノが増えないというのは思った以上に心地よいのです。

電子書籍は持って歩ける図書館です。いつでもどこでも自分が読みたい本が読めるのは読書の意欲を高めてくれます。

紙の本か電子書籍かまだ悩んでいる方は下記の記事を参考にしてください。

片づけるコツ③コレクションを片づける

STEP
コレクションを目立たせるために、余白を作る

本当に飾りたいものだけ残すと、一つ一つのお気に入りをじっくり味わえます。

STEP
コレクションも写真を撮って、減らす

思い出だから捨てられないモノが多いです。写真を撮って、捨てれるものは捨てましょう。

STEP
それでも捨てられないモノは、1種類ごとに2つまで残す

レターセットがたくさんあっても全部使いません。2つまでと数を決めて、残りは捨てましょう。

STEP
消費できるものは、普段の生活で使う

ノートや消しゴム、えんぴつなど消費できるものは、思い切って普段の生活に使うのがいいです。

STEP
残りはカテゴリーごとに収納BOXへ

カテゴリーごとにわけると取り出しやすいし、おしゃれなBOXに入れればそれがまたお気に入りになります。

STEP
置く場所を考えて、人が通れるスペースを作ろう

どこに飾るかも大切なポイントです。利便性を考えて、コレクションは置きましょう。

コレクションは集めるのが目的なので、中々捨てられない場合が多いです。

しかし、部屋の大きさには限界があり、いつか収納しきれない時が訪れます。

コレクションも基準を作っておけば、無駄に置くことがなくなります。

コレクションは厳選されたお気に入りのモノに絞った方が、さらにそのコレクションが一際輝くのではないでしょうか。

片づけるコツまとめ

片づけるコツは最初にも言いましたが

好きと嫌いを見極めること

好きなモノに囲まれる生活、空間に余白のある生活で心にゆとりを作りましょう。

片づけることはめんどくさいので、中々手に付けることができません。

そんなときは1日1個断捨離すると、少しずつ部屋が片づいていくのが分かります。

1日1個ならどんだけめんどくさがり屋でも片づけることが出来ると思います。

この記事はひぐちまさこさんの『集めすぎ女子が本当の「好き」を見極めたら みるみる部屋が片付きました』を参考にして書いています。
片づけで挫折する方は下記の記事も参考にしてみてください。
それでも片づけられない方は下記の記事が参考になると思います。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる